出版

C社の場合~バックれ&引き継ぎ『出版への道のり』13

更新日:

『出版への道のり』第12話はこちらを見てください。

3社目は、ビジネス書籍をたくさん出しており、

私自身もこの出版社の本を多数持っていました。

ちょうど私が、この出版社に訪れた頃、

知人の著者(新人)がここからデビューを果たし、あっという間に重版を達成しました。

後藤哲哉
著者もすごいけど、出版社もすげーな

と思いながら、期待を胸に膨らませて、訪れたのです。

私が提出した企画書と分厚い手帳をペラペラめくりながら、

後藤さんが提出した企画のままでは、会議に通らないと思うので、いろいろ練って、企画書をいっしょに作りましょうか。

こう言われました。

言葉通りの意味に捉えるなら、かなり期待値高いですよね。

後藤哲哉
でも、A社やB社のこともあり、少しずつ疑心暗鬼になっておりました。(笑)

なので、課題を即座に提出しながらも、

「ここから出版できる!」という思いは半分くらいにしつつ、臨みました。

その編集者が和食料理が好きという情報もキャッチし、

接待もいたしました。

今思えば、普通のちゃんとした編集者であるならば、

出版したのちに食事会や感謝会などならわかるのですが、

接待されたら頑張る?おかしな話です。

でも、まあ人間ですから、中には接待好きの人もいるかもしれませんね。

三度、

  • ご挨拶&作戦会議(1回目)
  • 接待(2回目)
  • さらに企画を練るための作戦会議(3回目)

出版社に訪れました。

そして、3回目は「『聖書』をテーマにしてやりましょうか」という話になり、

現段階の課題を箇条書きにし、クリアしていきました。

後藤哲哉
ところが一ヶ月ほど、連絡がありません。

編集者は、複数企画を抱えていることが多いので、まあ忙しいのだろうなと思いながら、

基本、待ちの姿勢です。

あるとき、違うルートから、恐ろしいことを耳にしました。

あの編集者さん、会社辞めたよ。

後藤哲哉
はっ????

耳を疑いました。

完全に忘れ去られるのも辛いですが(B社)、

これだけ何度も東京に訪れて(岡山在住)、

時間をかけて取り組んできたのに、

何も言わずにバックれ??(笑)

ちょっとこの頃から、出版業界に対していろいろな疑念の思いが生じ始めました。(笑)

後藤哲哉
一般常識ないの? 相手の気持ちを考えようとしないの?

編集者が新人著者に対して、採用するかしないかを決められるという意味で、立場が上なのはわかりますが、

後藤哲哉
許される世界なの? せめて、辞めることになったので、誰々に引き継ぎます、などないの?

とかなり、ダメージ+がっかり感に沈みました。

そして、編集者の引き継ぎというのがなされました。

その編集者さんと私は初対面です。

きっと、一回話だけ聞いてあげようか程度だったのでしょう。

  • 知名度はあるのか?
  • ブログのアクセス数は?
  • SNSはどれくらいやってる?

こんな感じの質問をされ、

  • 「無名です。」(当たり前)
  • 「ブログはほぼ毎日やってますが、アクセスは多くて500。平均200程度(当時)。」
  • 「facebookはたまにやるくらいで、ツイッターなどはしていません。」

と答えました。

編集者は

そうですか~。ちょっと難しいですね

まあそうだろうなあ~と思いながら、

これでC社とのやりとりは、終わりました。

引き継がれた編集者さんには、なんとも思いません。

後藤哲哉
逆に、知らない著者希望の人と会わせられて、お疲れ様です。(笑)

しかし、なんだったんだ、この四ヶ月!!!

【ダメージ・カウンター 80】(100がMAX)

続きはこちらを見てください。


『出版への道のり』シリーズを第1話から最新話までまとめました。

ALL
後藤哲哉『出版への道のり』シリーズ画像
『出版への道のり』まとめ 後藤哲哉が「商業出版」するまでの過程を全て公開します

書籍『世界に通用する「個性」の育て方 ~聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て~』(日本実業出版社)を出版するまでの軌跡をまとめました。 出版を志してから企画書を作成するまで 「商業出版」の確 ...

続きを見る

後藤哲哉
後藤哲哉『世界に通用する「個性」の育て方』はAmazonで今すぐ買えます!

後藤哲哉『世界に通用する「個性」の育て方』表紙画像

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-出版

Copyright© 後藤哲哉ブログ , 2019 All Rights Reserved.