子育て心理学

家の中で悪い言葉を使わないことが「汚い言葉遣いをするな」と言うよりよっぽど効果的「子育てに役立つ心理学」

私はこんなことを言われた経験があります。

あの人が後藤先生のことカッコよくないって言ってましたよ
後藤哲哉
「あー、そうなんだ。残念」

と答えたものの、内心

「なんでそれを伝える必要があるのかな?伝えなくてもよくない?

と思いました。(笑)

その「カッコよくない」と言った人より、それを伝えてくれた人の方に、不快感が残ったのです。

悪いことをした人より、悪いことを伝えた人のほうが悪い印象になる実験

後藤哲哉
私に起こったような事と同じような実験が行われていました。

オハイオ州立大学スコーロンスキー博士は、こんな実験を行いました。

被験者に、AくんがBさんに対して、

「Bさんはこんなにひどいヤツなんだよ。Bさんは犬を蹴飛ばすし・・・。」

とダメ出しの説明をしたビデオを見せました。

その後に、被験者に「どういう印象を受けましたか?」と質問したところ、大半が、Bさんのことより、Aくんに対してのほうが悪い印象を持ったのです。

つまり、悪いことをしているBさんより、悪口を言っているAさんのほうが、結果的に悪者になってしまったのです。

家の中でもネガティブなものは控えるべき理由とは?

家の中では、本音が出てくるものです。

「嫌なことがあった。疲れた。悲しかった。」などの本音はいいと思います。

でも、もし親が誰かに対して悪口を言うなら、

この実験によれば、その誰かよりも親のほうが印象を悪くさせてしまうのです。

「あの人ムカつく。あの人はダメだ。あの人嫌い」などのような悪口を言いたい気持ちを抑えることが、子どもに対するとても大事な教育となります。

聞いたことのない単語を子どもは使わない

後藤哲哉
あなたはタガログ語を話せますか?

聞いたことがなければ、話せないと思います。

つまり、家の中でよく聞く単語を子どもは使用します。

もし親が「バカ」と頻繁に言うなら、必ず子どもも家の中外を問わず、「バカ」と言います。

「バカ」という言葉を聞いたことがなければ、どんな時に使えばいいかわからないのです。

怒られたことのない家の子どもは怒れない

こんな話を聞いたことがあります。

ある家庭の中で、その両親は1度も子どもに怒ったことがなかったそうです。

子どもも怒りの感情をあまりわからずに育ちました。

やがて学校に行った時に、クラスメートが怒ったり、ケンカしているのを目の当たりにして、戸惑ったそうです。

後藤哲哉
そうです。怒りの感情に触れたことのない人は、怒れないのです。

であるならば、悪い言葉やネガティブな感情を家の中でも出さないことが、子どもに「そんな汚い言葉遣いをするな」「そんな悪態をつくな」というより、効果的なのです。

家の中で汚い言葉を使わない方が良い理由 まとめ

教育・子育てというのは、論理や字面ではないのです。

後藤哲哉
教育とは、成熟した人間になるための、たくさん吸収できる時期における「良き生き方コピー」です。

良い手本をコピーさせることが「真似ぶ」→「学ぶ」ですよね。

「そういえば、うちの親は大変でも、誰かに対する悪口・陰口言ってないなあ~」と思う子どもは、

きっと人を貶めようとするマイナスのエネルギーより、人を建て上げるプラスのエネルギーに多くを使うことができるようになります。

いつも両親が仕事や人間関係が大変そうでも、いつも感謝の言葉を使い、ねぎらいの言葉を掛け合うなら、

子どももそれを見て、「大変でも、ありがとうと言ってみよう」という思考回路が構築されるのです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-子育て心理学

Copyright© 後藤哲哉ブログ , 2019 All Rights Reserved.