子育て心理学

【アサーティブ能力】を身につけて小さな子どもにも、ちゃんと言葉で説明しよう「子育てに役立つ心理学」

更新日:

「お父さん(お母さん)がダメだって言ってるんだから、ダメに決まってるんだろーーーー!!
後藤哲哉
こんなことを言ったことはありませんか?

子どもだからといって、こんな理由がどこにも見当たらない説明をするなら、親子関係は必ず亀裂が生じます。

相手をうまく納得させる能力「アサーティブ能力」とは?

実際に何かを言ってもうまく伝わらない人もいれば、逆に相手を言いくるめたり、納得させるのが得意な人もいます。

後藤哲哉
この差は何なのか?

その一番大きなポイントは「ちゃんと理由を説明しているかどうか」とされています。

相手をうまく納得させる能力のことを「アサーティブ能力」と言います。

相手に禁止の言葉や断るというのは、何より相手にストレスを与える行為。

そのときに明確に理由を説明することで、相手はきちんと納得できるというわけです。

逆にあいまいな理由だったり、意味不明な説明だったりすると、相手のストレスはさらに高まってしまいます。

幼い子どもでも、わかりやすく説明する努力をしよう

「禁止の言葉」という話をしましたが、なぜ禁止なのか、それを子どもが納得できるように説明することがとても大切です。

仲が良い4人家族の写真
禁止の言葉が多すぎると居心地が悪くなる?家庭内のルールはゆるめに設定しよう『子育てに役立つ心理学』

どんな時に上司に対して、イラッとしますか? どんな時に親に対して、ムカッとしますか? どんな時にパートナーに対して、カチンときますか? 後藤哲哉「イラッ、ムカッ、カチンなんて全然しません」という人は、 ...

続きを見る

まだ年齢的に幼くても、会話ができるようになったら、わかりやすい言葉を使って説明するのです。

もっと言えば、まだ言葉のコミュニケーションが難しいなと思える段階から、優しく丁寧に言葉で説明しようとしてみてください。

後藤哲哉
言葉の意味がわからなくても、自分は大事にされているということは伝わり、子どもはそれに応えたくなるのです。

最初は、説明したとしても「やだやだやだー」って泣いたり怒ったり、ただダダをこねるだけかもしれません。

後藤哲哉
それが普通です。
その後が大事です。

忍耐をもって、心を落ち着かせて、またアサーティブ式説明を繰り返すのです。

そこで、めんどくさがって、「ダメと言ってんだから、ダメ!」と言ってしまうと、親子関係が悪い方向へと加速してしまいます。

アサーティブ能力を身につける方法とは?

忍耐深く、説明してあげようとするのは、初めは難しく感じます。

相手がすぐに理解しなくても、感情的にならずに冷静に余裕を持ちながら、話し続けることが大事です。

後藤哲哉
というか、それしかないのです。

冷静な言葉で伝えられなければ、荒々しい言葉、威圧的態度、もしくは暴力という手段になってしまいます。

そして、子どもである相手の立場を想定することが大事です。

  1. お店でジュースを見たら、欲しがるだろうな
  2. じゃあ、お家で麦茶を飲ませて
  3. おうちに帰ってきたら、オレンジジュースをあげよう

ということをシミュレーションし、子どもにとって我慢だけでなく、メリットもしっかり伝えることです。

後藤哲哉
親の都合ばかりに子どもを合わせたら、可哀想ですよね。

子どもの見たものをすぐに欲しがるという気持ちも汲み取ってあげれば、より言葉による説明にも説得力が増し加わるはずです。

「いちいち説明がめんどくさい!」と思った時に「アサーティブ、アサーティブ」と自分に言い聞かせて、理由付きの説明をトライしてみてください。

叱るべきタイミングも相手の気持ちや状況を考えてあげよう

さらに、今相手の気持ちや状況を考えてあげると、このアサーティブ能力もさらに発揮されます。

学校から帰ったばかりの疲れている子どもに、「ちょっとそこに座りなさい。」と言って、説明し始めるならば、

なかなか理解しようと思っても、何が何だか頭が回らず理解できません。

悲しいことがあった直後に、説得しようと思っても、それどころではありません。

後藤哲哉
「今はやめておこう。もう少し時間経って、相手が聞けるタイミングを待とう」という心構えも必要です。

アサーティブ能力を身につけるべき理由 まとめ

子どもの状況を把握し、忍耐強く、しっかりと説明してあげることによって、ちゃんと聞き分けができるようになり、

親子関係が円滑になるだけでなく、子ども自身がすべての人間関係において、アサーティブ能力を使うことができるようになります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-子育て心理学

Copyright© 後藤哲哉ブログ , 2019 All Rights Reserved.