子育て心理学

禁止の言葉が多すぎると居心地が悪くなる?家庭内のルールはゆるめに設定しよう『子育てに役立つ心理学』

  • どんな時に上司に対して、イラッとしますか?
  • どんな時に親に対して、ムカッとしますか?
  • どんな時にパートナーに対して、カチンときますか?
後藤哲哉
「イラッ、ムカッ、カチンなんて全然しません」という人は、いないと想定します。(笑)

おそらく「それやめなさい!」など禁止された時ではないでしょうか?

心理学者バークの調査による人間関係に摩擦が生じる原因とは

アメリカの心理学者ビリンハムは、こう言います。

「恋愛関係でケンカが起こる最大の原因は『禁止の言葉』である。」

実際、禁止されるというのは、非常に居心地が悪いものです。

後藤哲哉
なぜなら人間には「自由でいたい」という本能があるからです。

なるべく抑制されないで暮らしたいと誰もが思います。

子どもですら、「◯◯しちゃダメ!と言われたら、「なんで僕だけ?」「〇〇ちゃんは、いいって言われてるよ」と反発します。

なんで関くんちはジュースあるのに、うちは麦茶だけなの?

私が子どもの頃に、

「なんでうちは麦茶だけなの?関くんちは、毎日ジュース飲んでるよ?」

と母親に訴えたことがあります。

母「だったら、関くんちの子になりなさい」

私「・・・」

後藤哲哉
切なくなりつつも、もう2度と「あの家は・・・」と言わなくなりました。

子どものために必要な禁止は、もちろんあります。

  • 夕ご飯前に、ジュースを飲み過ぎてはいけません
  • 次の日学校があるのに、テレビやゲームを遅くまでやってはいけません

などなど。

ただし、禁止の言葉が多すぎると、恋愛関係にヒビが入るように、親子関係においても、窮屈さを感じてしまい、子どもはうんざりしてしまいます。

禁止令をたくさん受けた子どもは「一人暮らし」をしたいと言い出す

人間は、誰にも抑制されずに自由に生きたい生き物だと言いました。

あまりに幼少期や思春期に親からの禁止令が多すぎである場合、一つの共通した願望をそこで育った子どもは抱きます。

それは、「一人暮らしをしたい」です。

後藤哲哉
一人なら誰にも口うるさく言われず、自由気ままに時間を使えると思うからです。

(時間を上手に使えなければ、結局自由ではなくなりますが)

逆に、親がそこまでうるさくなく、衣食住がある程度、思い通りになった子どもは一人暮らししたいと絶対に思いません。(笑)

むしろ、「実家に帰りたいなあ〜」と思うでしょう。

充電できる安全地帯としての「ホーム」として、子どもの心に深くインプットされるためには、やはり普段からの禁止令をゆるめにするべきです。

育った頃のルール VS 私が設定したルール

私の幼少期は、母からの禁止令が数多くありました。

  1. 夜の8時にはテレビを消して寝なさい
  2. (学校の)上履きは土曜のうちに洗って干しなさい
  3. テレビゲームはうちは買いません
  4. 日曜日はテレビを見てはいけません

これはほんの一部です。(笑)

後藤哲哉
だから私は早く家から出たくて出たくて、高校卒業が待ち遠しくて仕方がなかったです。

大学は全寮制のところへ行きました。

そういった背景に育った私は、ゆるめにルールを設定しようと思いました。

例えば、

  • インターネットは12時までね(高校時代)
  • リビングルームには自分の持ち物を置いておかない

あとは何かあったかもしれませんが、思い出せません。(笑)

「テレビやインターネットは宿題が終わってから」とか「期末試験中は○○禁止」など言ったことがありません。

後藤哲哉
おそらく子どもたちは、おうちが好きなほうだと思います。

ルールは作りつつ、ゆるめに設定したほうが、コミュニケーション豊かな家族になりますよ。

後藤哲哉『世界に通用する「個性」の育て方』日本実業出版社より出版)には、色々な具体例を挙げて、さらに詳しく書いています。

興味を持った方はぜひ読んでみてください。

後藤哲哉
後藤哲哉著『世界に通用する「個性」の育て方』はAmazonで今すぐ買えます!

後藤哲哉『世界に通用する「個性」の育て方』表紙画像

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-子育て心理学

Copyright© 後藤哲哉ブログ , 2019 All Rights Reserved.