出版

信じてくれるわずかな人を身の回りにセットしよう 大きな夢を語ることで冷ややかに笑われたとしても『出版への道のり』20

更新日:

『出版への道のり』19話はこちらを見てください。

No.19
肩車する親子の写真
出版企画書の大幅シフトチェンジ 子育て本が生まれたのは出版コーディネーターのアドバイスから『出版への道のり』19

『出版への道のり』第18話はこちらを見てください。 出版の可否は長い間引っ張られるより気持ちいい 松尾昭仁師に紹介された2つの出版社の回答は間もなくやって来ました。 「今回は見送らせてください。。。」 ...

続きを見る

ドラマで見たことのある「フッ」と馬鹿にされたシニカル・スマイル

ちょうど糸井さんにお会いする少し前だったと思います。まだ子育て本へとシフトする前に、親しい仲間たちと東京で食事する機会がありました。

それぞれ近況報告をします。

私も

後藤哲哉
「出版をずっと目指しているけど、なかなか難しい。でも頑張っています

というような出版のヴィジョン夢を語った時、目を疑うような出来事が起きました。

なんと私の発言の後、

いわゆる馬鹿にした笑いで、

目も見ずに「ふっ」と冷笑する人がいるではありませんか!

「何言ってんだ、この人。無理に決まってるだろ

の感じで。

後藤哲哉
なにこれ!ドラマや映画で見るやつやん!

「難しいんじゃないの〜?」と心で思う人は多かったと思います。

それは別にいいのですが、そんな露骨に人の夢を馬鹿にする人がいるんだと驚きました。

笑われるよりはリスクを取らない方がましなのか!?

しかもその人とは、長年時間をかけてかなりお世話してきたと言っても言い過ぎではない人です。

だからこそ、驚きも衝撃も数倍跳ね上がります。

夢を語るということは、そのような恥ずかしさや嫌な思いをすることだってあるのです。

後藤哲哉
そんなふうに思われたくないなら大きな夢は語らない方がいいのです。

身近な人であればあるほど、あなたのことをよく知っている人ほど、

あなたの夢を無理だと言ったり、あるときは笑われたりもするのです。

だって、1回か2回しか会ったことのない人は、夢が無謀かどうか判断できませんから笑いようもないのです。

後藤哲哉
そういった意味で、日本人って夢を語るのが苦手ですよね。

失敗するリスクより、笑われない無難を選びがちなのです。

だから覚えておいてください。

あなたの夢がもし誰にも笑われないようなものなら、

「普通にできるんじゃないの?」と思われる大それた大きな夢でないかもしれません。

後藤哲哉
無謀に思われ、笑われて、心配されるくらいがちょうどいいのです。

もうその時点で、普通の人をやめています。

かなりぶっ飛んでます。(笑)

何か大きなことに到達する人は、普通の感覚では心が持ちません。

後藤哲哉
「よーしよしよし、笑われ始めてきた。これで、ようやく普通の人じゃなくなってきたな

自分を褒めるくらいでいいのです。(笑)

ドリーム・プロバイダーとなり人の夢をサポートしよう

人の夢を笑う人とは深い付き合いはしません。

その感覚に巻き込まれたくないからです。

後藤哲哉
引き下げられないためにも、距離を置くべきです。

私は、その人の夢を笑うドリーム・キラーとの遭遇を機に、

私自身「ドリーム・プロバイダー」として、どんなに大きな夢でも、

それを応援し、サポートする人間になりたいと思うようになりました。

日本のキリスト教会って、あまりぶっ飛んでいる人がいないと思います。

すごく目立っていることをやっている人があまりいません。

商業出版しようとする牧師もほとんどいませんし、

芸能界に攻めていこうとする人もいませんし、

後藤哲哉
大きな夢を掲げて、果敢に挑戦する人が少ないような気がします。

「自分にはできるわけがない」過小評価しているとしたら、

あまりにも「普通」という枠の中だけで生きていて、

周りに挑戦する人がいない環境の可能性大です。

後藤哲哉
たまに違った環境に身を置いて、大きな夢にチャレンジしている人の生の声を聞いてみてください。

身近に夢を信じてくれる人を置いてみよう

笑う人が実際にいて驚いた話をしてきましたが、

逆に私が出版すると宣言して以来、ずっと変わらず信じてくれていた人がいます。

後藤哲哉
そういう人は、はっきりわかります。

共通点は、私があまり出版について語らなくなった心が折れかかった時でも

  • 出版どうなった?
  • 何かできることある?

と聞いてくれます。

「後藤先生、出版は無理かな〜」と思っている人とは、

だんだん聞いて来ないようになります。

そっとしてあげとこう、みたいな。(笑)

後藤哲哉
その人とは、しっかり心で結ばれてますし、ずっと信頼のできる”友”と呼べます。

ちなみに私の師匠の松尾先生は、私が出版できることを「信じていた」レベルではありません。

「そんなの当たり前だよ、何言ってんの」レベルです。(笑)

後藤哲哉
もうこうなると頼もしいですよね。

こういう人を身近にセットしておくべきです。

『出版への道のり』シリーズを第1話から最新話までまとめました。

ALL
後藤哲哉『出版への道のり』シリーズ画像
『出版への道のり』まとめ 後藤哲哉が「商業出版」するまでの過程を全て公開します

書籍『世界に通用する「個性」の育て方 ~聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て~』(日本実業出版社)を出版するまでの軌跡をまとめました。 出版を志してから企画書を作成するまで 「商業出版」の確 ...

続きを見る

後藤哲哉
後藤哲哉『世界に通用する「個性」の育て方』はAmazonで今すぐ買えます!

後藤哲哉『世界に通用する「個性」の育て方』表紙画像

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-出版

Copyright© 後藤哲哉ブログ , 2019 All Rights Reserved.